オカレンス(観察データと標本)

Odonata of University of Ibadan, Nigeria

最新バージョン University of Ibadan によって公開 2019/08/26 University of Ibadan
The presence of dragonflies and damselflies (Odonata) is taken as an indication of good ecosystem quality. Information on the diversity of Odonata across countries such as East Africa, South Africa, Zambia, America, United Kingdom, and India has been well documented. This study is part of ongoing research on diversity of Nigerian Odonates. It was funded by GBIF (BID-AF2017-0311) and University of Lagos, Nigeria (CRC 2016/21). It involved the Digitization and Mobilization of Odonata of Southern Nigeria, and molecular characterization, DNA barcoding and banking of Odonata of South western Nigeria. So far over 4000 collections have been made comprising of over 175 species from Nigeria. Odonate collections from University of Ibadan, Oyo State Nigeria comprised a total of 549 individuals made ... 以上
公開日:
2019/08/26
ホスト::
University of Ibadan
ライセンス:
CC0 1.0

説明

The presence of dragonflies and damselflies (Odonata) is taken as an indication of good ecosystem quality. Information on the diversity of Odonata across countries such as East Africa, South Africa, Zambia, America, United Kingdom, and India has been well documented. This study is part of ongoing research on diversity of Nigerian Odonates. It was funded by GBIF (BID-AF2017-0311) and University of Lagos, Nigeria (CRC 2016/21). It involved the Digitization and Mobilization of Odonata of Southern Nigeria, and molecular characterization, DNA barcoding and banking of Odonata of South western Nigeria. So far over 4000 collections have been made comprising of over 175 species from Nigeria. Odonate collections from University of Ibadan, Oyo State Nigeria comprised a total of 549 individuals made up of 68 species, and eight families. The families include Libellulidae (73%), Coenagrionidae (22%), Protoneuridae (1.6%), Chlorocyphidae (0.5%), Caloptterygydae (0.5%), Platycnemididae (0.4%) and Gomphidae (0.2%). Three dominant species include Trithemis arteriosa (21%), Palpopleura lucia (20%) and Ceriagrion glabrum(11%). Over 48 species of the collections were represented by only one individual amongst which were Teinobasis alluausi, Orthetrum austeni and Palpopleura deceptor.

データ レコード

この オカレンス(観察データと標本) リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、0 レコードが含まれています。

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

ダウンロード

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 549 レコード English で (11 kB) - 更新頻度: unknown
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (7 kB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (7 kB)

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は University of Ibadan。 To the extent possible under law, the publisher has waived all rights to these data and has dedicated them to the Public Domain (CC0 1.0). Users may copy, modify, distribute and use the work, including for commercial purposes, without restriction.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: f4971deb-ddd5-42e9-8f5b-5d8daa6f251eが割り当てられています。   GBIF Nigeria によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているUniversity of Ibadan が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Occurrence; Specimen

連絡先

リソースを作成した人:

Adebayo Omoloye
Professor
University of Ibadan
Department of crop protection and environmental biology
+234 Ibadan
Oyo
NG
08146411072

リソースに関する質問に答えることができる人:

Kehinde Kemabonta
Associate Professor
University of Lagos
Department Of Zoology
+234 Lagos
Lagos
8022235317

メタデータを記載した人:

Kehinde Kemabonta
Associate Professor
University of Lagos
Department of Zoology
+234 Lagos
Lagos
NG
8022235317

他に、リソースに関連付けられていた人:

データ利用者
Kehinde Kemabonta

地理的範囲

Ibadan and environs

座標(緯度経度) 南 西 [7.188, 2.681], 北 東 [7.493, 4.065]

プロジェクトデータ

This study is part of ongoing research on diversity of Nigerian Odonates. It was funded by GBIF (BID-AF2017-0311) and University of Lagos, Nigeria (CRC 2016/21). It involved the Digitization and Mobilization of Odonata of Southern Nigeria, and molecular characterization, DNA barcoding and banking of Odonata of South western Nigeria.

タイトル The Digitization and Mobilization of Odonata of Southern Nigeria
識別子 BID-AF2017-0311-SMA
ファンデイング BID-AF2017-0311-SMA
Study Area Description Ibadan

プロジェクトに携わる要員:

メタデータ提供者
Kehinde Kemabonta
データ所有者
Adebayo Omoloye

追加のメタデータ

代替識別子 f4971deb-ddd5-42e9-8f5b-5d8daa6f251e
http://ipt-nigeria.gbif.fr/resource?r=odonates_of_university_of_ibadan